童話で学ぶ中国語

【日本昔話】桃太郎

桃太郎

中国語


很久很久以前,有一個地方住著一位爺爺和一位奶奶。
爺爺都会到山里拾柴禾,奶奶就在附近的河边洗衣服。
有一天,当奶奶洗衣服的时候,有一个巨大的桃子漂流而下。
「咦,這是很好的禮物」
奶奶把这个大大的桃子捡起来,并带回了家。
當爺爺和奶奶想要吃桃子,一把刀下去,裡面却蹦出了个活力滿滿的男嬰兒。
「這一定是老天爷給我們的。」
沒有孩子的爺爺和奶奶很高興。
他們給從桃子裡面出生的男孩子取名叫桃太郎。
桃太郎茁壮成長,长大後變得強壯有力。

一天,桃太郎說
「我要去魔鬼島趕走妖怪」
讓奶奶做了飯糰,之後他就出發去魔鬼島了。
在路中,他遇見了一隻狗
「桃太郎,你要去哪裡?」
「我要去魔鬼島,趕走妖怪」
「那你給我一個挤在腰上的飯糰,我會成为你夥伴的。」
狗就得到了一個飯糰,成了桃太郎的夥伴。
不久他們遇見了一隻猴子
「桃太郎,你要去哪裡?」
「我要去魔鬼島,趕走妖怪」
「那你給我一個挤在腰上的飯糰,我會成为你夥伴的。」
不久他們遇見了一隻雉鸡
「桃太郎,你要去哪裡?」
「我要去魔鬼島,趕走妖怪」
「那你給我一個挤在腰上的飯糰,我會成为你夥伴的。」
有了夠,猴子,雉鸡当夥伴,桃太郎终于到了魔鬼島。

在魔鬼島,妖怪們摆着從附近的村子偷来的寶物和食物,正在狂歡。
「大家不要鬆手,好好打下妖怪!」
狗咬著了妖怪的屁股,猴子刮妖怪的背後,雉鸡用嘴巴刺中妖怪的眼睛。
然後桃太郎用大刀攻擊。
終於妖怪的大老道歉地說
「服输了,服输了,饒命啊!」
桃太郎,狗,猴子和雉鸡,把妖怪搶來的寶物裝到車上,活力滿滿的回家了。
爺爺和奶奶看到桃太郎平安回来,很高興。
那之後,三個人因為有了这些寶物,過著幸福美滿的生活。

日本語


むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
おじいさんは山へしばかりに、おばあさんは川へせんたくに行きました。
おばあさんが川でせんたくをしていると、ドンブラコ、ドンブラコと、大きな桃が流れてきました。
「おや、これは良いおみやげになるわ」
おばあさんは大きな桃をひろいあげて、家に持ち帰りました。
そして、おじいさんとおばあさんが桃を食べようと桃を切ってみると、
なんと中から元気の良い男の赤ちゃんが飛び出してきました。
「これはきっと、神さまがくださったにちがいない」
子どものいなかったおじいさんとおばあさんは、大喜びです。
桃から生まれた男の子を、おじいさんとおばあさんは桃太郎と名付けました。
桃太郎はスクスク育って、やがて強い男の子になりました。

そしてある日、桃太郎が言いました。
「ぼく、鬼ヶ島(おにがしま)へ行って、わるい鬼を退治します」
おばあさんにきび団子を作ってもらうと、鬼ヶ島へ出かけました。
旅の途中で、イヌに出会いました。
「桃太郎さん、どこへ行くのですか?」
「鬼ヶ島へ、鬼退治に行くんだ」
「それでは、お腰に付けたきび団子を1つ下さいな。おともしますよ」
イヌはきび団子をもらい、桃太郎のおともになりました。
そして、こんどはサルに出会いました。
「桃太郎さん、どこへ行くのですか?」
「鬼ヶ島へ、鬼退治に行くんだ」
「それでは、お腰に付けたきび団子を1つ下さいな。おともしますよ」
そしてこんどは、キジに出会いました。
「桃太郎さん、どこへ行くのですか?」
「鬼ヶ島へ、鬼退治に行くんだ」
「それでは、お腰に付けたきび団子を1つ下さいな。おともしますよ」
こうして、イヌ、サル、キジの仲間を手に入れた桃太郎は、ついに鬼ヶ島へやってきました。

鬼ヶ島では、鬼たちが近くの村からぬすんだ宝物やごちそうをならべて、酒盛りの真っ最中です。
「みんな、ぬかるなよ。それ、かかれ!」
イヌは鬼のおしりにかみつき、サルは鬼のせなかをひっかき、キジはくちばしで鬼の目をつつきました。
そして桃太郎も、刀をふり回して大あばれです。
とうとう鬼の親分が、
「まいったぁ、まいったぁ。こうさんだ、助けてくれぇ」
と、手をついてあやまりました。
桃太郎とイヌとサルとキジは、鬼から取り上げた宝物をくるまにつんで、元気よく家に帰りました。
おじいさんとおばあさんは、桃太郎の無事な姿を見て大喜びです。
そして三人は、宝物のおかげでしあわせにくらしましたとさ。

-童話で学ぶ中国語
-,

© 2020 和ノ心 希望之聲(日本語)