現代中国を読む

私たちは未来に伝える

私たちは未来に伝える 第七回

気功ブームの中、彗星のごとく現れた中国伝統の修煉法・法輪功。心の修養を重んじ、善をなすよう教え導くこの功法は瞬く間に1億の人々の心をつかんだが、共産党政権下の中国では残酷な迫害を受け、長い苦難の道を歩むことになる。しかし、彼らは弾圧や誹謗中傷に屈することなく、善の心で世の人々に真実を伝え続けている。当事者へのインタビューと貴重な歴史映像で、彼らの輝かしい歩みを未来に伝える。

私たちは未来に伝える

私たちは未来に伝える 第六回

気功ブームの中、彗星のごとく現れた中国伝統の修煉法・法輪功。心の修養を重んじ、善をなすよう教え導くこの功法は瞬く間に1億の人々の心をつかんだが、共産党政権下の中国では残酷な迫害を受け、長い苦難の道を歩むことになる。しかし、彼らは弾圧や誹謗中傷に屈することなく、善の心で世の人々に真実を伝え続けている。当事者へのインタビューと貴重な歴史映像で、彼らの輝かしい歩みを未来に伝える。

私たちは未来に伝える

私たちは未来に伝える 第五回

気功ブームの中、彗星のごとく現れた中国伝統の修煉法・法輪功。心の修養を重んじ、善をなすよう教え導くこの功法は瞬く間に1億の人々の心をつかんだが、共産党政権下の中国では残酷な迫害を受け、長い苦難の道を歩むことになる。しかし、彼らは弾圧や誹謗中傷に屈することなく、善の心で世の人々に真実を伝え続けている。当事者へのインタビューと貴重な歴史映像で、彼らの輝かしい歩みを未来に伝える。

私たちは未来に伝える

私たちは未来に伝える 第四回

法輪功の創始者・李洪志氏は、1992年の長春での講習会を皮切りに中国各地からの招きに応じて全土で講習会を開催し、修煉者を高い次元に導くことのできる真の修煉法を伝えた。こうして、法輪功は中国全土に知れ渡り、多くの人が修煉の道を歩むこととなった。

tianliang20

【政論天下】不正選挙に国民は声を上げるべき。民主主義の落とし穴とは?

バイデンが勝利宣言をしたが、国民は今こそ不正選挙に声を上げるべきである。民主主義の最大の落とし穴はいわゆる民主主義自身であり、今回の郵便投票である。

tianliang19

【政論天下】大統領選後、内戦勃発か?ウォール街と大手IT企業はなぜバイデンを支持するのか?

大統領選でもし民主党政権になれば、治安が悪化し5年以内に内戦が起きるかもしれない。ウォール街と大手IT企業がバイデンを支持するのは、アメリカの国益のためではなく、世界をコントロールする秩序を確立するためである。

zhesixinyu2

【哲思心語】左派の「教育」を止めねばアメリカの未来はない|字幕版

中国生まれ。2000年に米国留学、2007年電子工学博士の学位取得。現在、ニューヨーク飛天大学教授。これまで、歴史、文化、時事評論に関する文章を多数発表。2011年から新唐人テレビとの協力で、大型歴史番組『笑談風雲』を制作中。完成すれば、二十四史の主要事件と人物を網羅した映像版中国通史となる。

zhesixinyu1-1

修煉者から見た疫病とその難から逃れる術|音声・字幕版【哲思心語】

<章天亮教授>
中国生まれ。2000年に米国留学、2007年電子工学博士の学位取得。現在、ニューヨーク飛天大学教授。これまで、歴史、文化、時事評論に関する文章を多数発表。2011年から新唐人テレビとの協力で、大型歴史番組『笑談風雲』を制作中。完成すれば、二十四史の主要事件と人物を網羅した映像版中国通史となる。

史海揚帆1

【史海揚帆】中国通史(1):三皇五帝

<章天亮教授>中国生まれ。2000年に米国留学、2007年電子工学博士の学位取得。現在、ニューヨーク飛天大学教授。これまで、歴史、文化、時事評論に関する文章を多数発表。2011年から新唐人テレビとの協 ...

tianliang18

【政論天下】左派はなぜトランプを憎むのか

左派があれほどまでにトランプを憎むのは、複雑な言葉で語る偽善の論理を、普通の人にわかる言葉と論理で打ち砕かれ丸裸にされるから。

tianliang17

【政論天下】バイデン親子の腐敗ぶりがハードディスクで明らかに 左派メディアは民主党と結託して沈黙

ハードディスクに記録されていた卑猥なビデオとメールから、バイデンの息子の薬物乱用、汚職、乱交、そしてバイデン自身が汚職に関わっていた顛末が明るみになった。しかし、左派メディアは民主党と結託して沈黙を保っている。

zhesixinyu1

【哲思心語】修煉者から見た疫病とその難から逃れる術|字幕版

中国生まれ。2000年に米国留学、2007年電子工学博士の学位取得。現在、ニューヨーク飛天大学教授。これまで、歴史、文化、時事評論に関する文章を多数発表。2011年から新唐人テレビとの協力で、大型歴史番組『笑談風雲』を制作中。完成すれば、二十四史の主要事件と人物を網羅した映像版中国通史となる。

tianliang16

【政論天下】恒大集団の経営破綻で、中国金融危機幕開けか?バイデンの息子、性奴隷スキャンダル。中共駐ニューヨーク領事館閉鎖か?国籍剥奪課設置で対象となるのは?

バイデンの息子の性奴隷スキャンダルは、バイデンにとって大きな痛手となるであろう。不動産デベロッパー恒大集団の経営破綻は、中国の金融危機の幕開けと言える。チベット族米国警察官の逮捕を機に、ポンペオは中共駐ニューヨーク領事館閉鎖に踏み切るかもしれない。米国司法省は国籍剥奪課を設置し、中共党員の身分を偽って国籍を取得した中国人も対象となる。

tianliang15

【政論天下】世界の行く末を左右する最高裁判事の人選。米中関係はどうなる?

連邦最高裁判事のギンズバーグ氏が急逝したことにより、アメリカ大統領選挙はますます不透明感を増した。結果次第では、米中関係に何らかの変化が生じ、世界の構図が大きく変わるかもしれない。また、今回の司法戦争で、米国は憲法の危機に直面するか?

tianliang14

【政論天下】ICチップの供給停止で瀕死のファーウェイは、中共の明日の姿。米上院議員、中共への恒久的最恵国待遇の取り消しを提案。

9月15日にICチップの供給を断たれたファーウェイは死んだも同然である。情報のスパイ工作で急成長したファーウェイの没落は、正に中共の明日の姿である。米国の上院議員が、中共に与えている恒久的最恵国待遇を見直し、人権とリンクさせるべきだと提案した。

© 2021 和ノ心 希望之聲(日本語)