現代中国を読む

私たちは未来に伝える

私たちは未来に伝える 第七回

気功ブームの中、彗星のごとく現れた中国伝統の修煉法・法輪功。心の修養を重んじ、善をなすよう教え導くこの功法は瞬く間に1億の人々の心をつかんだが、共産党政権下の中国では残酷な迫害を受け、長い苦難の道を歩むことになる。しかし、彼らは弾圧や誹謗中傷に屈することなく、善の心で世の人々に真実を伝え続けている。当事者へのインタビューと貴重な歴史映像で、彼らの輝かしい歩みを未来に伝える。

私たちは未来に伝える

私たちは未来に伝える 第六回

気功ブームの中、彗星のごとく現れた中国伝統の修煉法・法輪功。心の修養を重んじ、善をなすよう教え導くこの功法は瞬く間に1億の人々の心をつかんだが、共産党政権下の中国では残酷な迫害を受け、長い苦難の道を歩むことになる。しかし、彼らは弾圧や誹謗中傷に屈することなく、善の心で世の人々に真実を伝え続けている。当事者へのインタビューと貴重な歴史映像で、彼らの輝かしい歩みを未来に伝える。

私たちは未来に伝える

私たちは未来に伝える 第五回

気功ブームの中、彗星のごとく現れた中国伝統の修煉法・法輪功。心の修養を重んじ、善をなすよう教え導くこの功法は瞬く間に1億の人々の心をつかんだが、共産党政権下の中国では残酷な迫害を受け、長い苦難の道を歩むことになる。しかし、彼らは弾圧や誹謗中傷に屈することなく、善の心で世の人々に真実を伝え続けている。当事者へのインタビューと貴重な歴史映像で、彼らの輝かしい歩みを未来に伝える。

中国伝統文化

中國故事

「百発百中」で敵を仕留める狙撃シーン

【日本語に生きる中国故事】「百発百中」で敵を仕留める狙撃シーン 「リーアム・ニーソン、百発百中で敵を仕留める狙撃シーン 映画『マークスマン』本編映像」(ORICON NEWS、2022.1.5) これは、今月7日に公開された映画の紹介記事。「リーアム扮するジムが、“最強の元狙撃兵”という肩書きを遺憾なく発揮するクール&ハードな狙撃シーン」が展開されるようで、劇中のワンシーンが次のように描写されている。 「退役から時間が経ってもなお錆びることないジムの【百発百中】の神業に、麻薬カルテルを乗せた車は1 ...

中國故事

米中の勢力が「伯仲」する時代

【日本語に生きる中国故事】米中の勢力が「伯仲」する時代 『経済覇権のゆくえ 米中伯仲時代と日本の針路』(中公新書) これは、飯田敬輔氏の著書で、「BOOK」データベースに次のような紹介がある。 「アメリカ覇権の下で出発した戦後の国際経済秩序は、アメリカの衰退と日本の挑戦、そして中国などBRICS諸国の躍進を経て、米中が勢力伯仲する時代に入りつつある。この難局に日本がとるべき針路を探る。」 本書は2013年に出版されたものであるが、その後中国は確実に、政治・軍事・経済面で覇権主義を強め、米中の勢力は間違いな ...

中國故事

ボルトン、米国の対中政策に「臍を噛む」思い

【日本語に生きる中国故事成語】ボルトン、米国の対中政策に「臍を噛む」思い 「香港では民主主義の運動が鎮圧され、南シナ海では中国の拡張政策が継続され、貿易戦争やテクノロジー戦争も勃発した。新興のライバル国に毅然と立ち向かえない米国の姿を見るたびにボルトンは臍(ほぞ)を噛む思いをしてきたという。」 これは、「『習近平はトランプの再選を恐れていない』超タカ派のジョン・ボルトン、米中対立を語る」(COURRiER Japon、2020.9.3)と題する記事の一節である。 トランプ政権発足時に国家安全保障問題担当大 ...

現代サロン

孙思邈-横-

養生の極意 千年前の名医・孫思邈が残した医薬要らずの健康長寿法

孫思邈は中国及び世界の歴史上著名な医学者、薬学者であり、薬王と呼ばれた。宋朝に「妙応真人」と封じられ、道教では「天医妙応広援善済真君」として崇められ、多くの華人に医薬の神として尊敬されている。孫思邈の著書『備急千金要方』には、養性について論じる一節がある。

小豆とハトムギ粥1

小豆とハトムギ粥

女性の体は常に除湿を考えなければなりません。春にこのお粥を食べれば、脾腎を補って水湿を除去することができます。さらに、このお粥は精神を安定させる効果もあります。わが家の嫁は最近顔に赤い斑点ができていたので、一日おきにこのお粥を食べるようになってから、かゆみがなくなり、血色も良くなり、朝までぐっすり眠れるようになりました。しかも、小豆は食物繊維を多く含んでおり、便秘、高血圧、高脂血症、糖尿、腫瘍、結石、肥満などにも治療補助の効果があります。

水餃子

水餃子の作り方

中華料理の代表といえば餃子。 日本では焼き餃子が主流ですが、 中国では水餃子をおかずとしてではなく、 主食として食べます。 水餃子の作り方は家庭によってそれぞれ異なります。 今回は、山口家の水餃子レシピを教えていただきました。 皮から全て手作りです。 皆さんも水餃子作ってみませんか?

学ぶ

桃太郎

【日本昔話】桃太郎

むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
おじいさんは山へしばかりに、おばあさんは川へせんたくに行きました。
おばあさんが川でせんたくをしていると、ドンブラコ、ドンブラコと、大きな桃が流れてきました。
「おや、これは良いおみやげになるわ」
おばあさんは大きな桃をひろいあげて、家に持ち帰りました。
そして、おじいさんとおばあさんが桃を食べようと桃を切ってみると、

豆知識

丈夫

学生時代の友人に「○○大丈夫」というのがいて、「○○ますらお」と読みます。知り合った当初からずっと、「だいじょうぶ」がなぜ「ますらお」なのか、不思議でなりませんでした。
中国の周の制度では、男子は背丈が一丈に達してはじめて成人と認められたことから、

豆知識

元気

毎朝ジョギングを欠かさない近所のお年寄りに「お元気ですね」と声をかけ、しょんぼりしている友人を「元気出せよ」と励まします。普段何気なく使っているこのことば、よくよく考えてみると何とも不思議なことばです。「元気」には大きく分けて二つの意味があります。

© 2022 希望之聲 日本