新型コロナウイルス

中國情報通信-橫-

中国情報通信(No.4)

中国共産党政権の無作為と隠ぺいにより、中共ウイルス(新型コロナウイルス)が全世界に拡散し、貴重な人命が失われた。にもかかわらず、防疫を担当する世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長はその対応を批判するどころか、「模範的」などとほめたたえている。この背景にはどのようなからくりがあるのだろうか。

中國情報通信-橫-

中国情報通信(No.3)

今なお、世界規模で中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染が拡大する中、各国の首脳や高官が、中国共産党政権に賠償金を請求し、責任を追及する声を次々とあげている。

中國情報通信-橫-

中国情報通信(No.2)

新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、米国のポンペオ国務長官は中国共産党などからの偽情報に注意を呼びかける動画を公開し、麻生財務相も中国の発表する感染者数などの数字について「信用しないのが正しいと思っている」と発言した。世界で、中国共産党政権の情報隠ぺいと責任転嫁を非難する声が高まっている。

中國情報通信-橫-

中国情報通信(創刊号)

中国共産党政権の情報隠ぺいが原因で、中共ウイルス(武漢肺炎)が世界中に急速に蔓延し、世界を恐怖に陥れてい る。感染症は無情だとは言え、この状況をもたらした伏線は早くからあった。中国の経済的発展に伴い、世界の多くの 国・地域の政府は中国共産党との関係を強化してきたが、災いもそれと共にやってきた。今回の武漢肺炎も期せずし て中国共産党と密接な関係を築いた国や地域で深刻な状況となっている。

© 2020 和ノ心 希望之聲(日本語)