政論天下

tianliang20

【政論天下】不正選挙に国民は声を上げるべき。民主主義の落とし穴とは?

バイデンが勝利宣言をしたが、国民は今こそ不正選挙に声を上げるべきである。民主主義の最大の落とし穴はいわゆる民主主義自身であり、今回の郵便投票である。

tianliang19

【政論天下】大統領選後、内戦勃発か?ウォール街と大手IT企業はなぜバイデンを支持するのか?

大統領選でもし民主党政権になれば、治安が悪化し5年以内に内戦が起きるかもしれない。ウォール街と大手IT企業がバイデンを支持するのは、アメリカの国益のためではなく、世界をコントロールする秩序を確立するためである。

tianliang18

【政論天下】左派はなぜトランプを憎むのか

左派があれほどまでにトランプを憎むのは、複雑な言葉で語る偽善の論理を、普通の人にわかる言葉と論理で打ち砕かれ丸裸にされるから。

tianliang17

【政論天下】バイデン親子の腐敗ぶりがハードディスクで明らかに 左派メディアは民主党と結託して沈黙

ハードディスクに記録されていた卑猥なビデオとメールから、バイデンの息子の薬物乱用、汚職、乱交、そしてバイデン自身が汚職に関わっていた顛末が明るみになった。しかし、左派メディアは民主党と結託して沈黙を保っている。

tianliang16

【政論天下】恒大集団の経営破綻で、中国金融危機幕開けか?バイデンの息子、性奴隷スキャンダル。中共駐ニューヨーク領事館閉鎖か?国籍剥奪課設置で対象となるのは?

バイデンの息子の性奴隷スキャンダルは、バイデンにとって大きな痛手となるであろう。不動産デベロッパー恒大集団の経営破綻は、中国の金融危機の幕開けと言える。チベット族米国警察官の逮捕を機に、ポンペオは中共駐ニューヨーク領事館閉鎖に踏み切るかもしれない。米国司法省は国籍剥奪課を設置し、中共党員の身分を偽って国籍を取得した中国人も対象となる。

tianliang15

【政論天下】世界の行く末を左右する最高裁判事の人選。米中関係はどうなる?

連邦最高裁判事のギンズバーグ氏が急逝したことにより、アメリカ大統領選挙はますます不透明感を増した。結果次第では、米中関係に何らかの変化が生じ、世界の構図が大きく変わるかもしれない。また、今回の司法戦争で、米国は憲法の危機に直面するか?

tianliang14

【政論天下】ICチップの供給停止で瀕死のファーウェイは、中共の明日の姿。米上院議員、中共への恒久的最恵国待遇の取り消しを提案。

9月15日にICチップの供給を断たれたファーウェイは死んだも同然である。情報のスパイ工作で急成長したファーウェイの没落は、正に中共の明日の姿である。米国の上院議員が、中共に与えている恒久的最恵国待遇を見直し、人権とリンクさせるべきだと提案した。

tianliang13

【政論天下】米国、中共包囲網を完成。中・欧・米の現代版三国志?EUは最後は米国側へ

米国は地政学上の中共包囲網を作り上げた。中国は現代版三国志で、EUを引き込んで米国と対抗しようと画策するが、米国の制裁による中国市場縮小によって、EUは最終的には米国側につくであろう。

tianliang12

【政論天下】中共、外貨枯渇で93億ドルの米国債を売却。全中国人留学生、米国から国外退去となるか?中国外相、欧州訪問で親中共国からも冷遇。

外貨が枯渇状態にある中共はついに93億ドルのアメリカ国債を売却した。米国は制裁の一つとして在米の全中国人留学生を国外退去とするかもしれない。中国外相の王毅は関係強化のために訪れた欧州で親中共国の独・仏・伊からも冷遇されて、メンツは丸つぶれ。中共の内モンゴルに対する締め付けが厳しさを増す中、モンゴルの元大統領がモンゴル人に一致団結して抵抗するよう呼びかけた。

【政論天下】史上最も危険な選挙

11月の米大統領選は史上最も重要かつ危険な選挙となろう。トランプ支持が急上昇する中、バイデンはテレビ討論会に応じないかもしれない。それにもかかわらずトランプが直面し得る劣勢とは?

tianliang10

【政論天下】米 中共経済への輸血断絶へ

トランプ大統領は二期目に向けて中共経済への輸血を断ち切ると公約した。金正恩昏睡の情報が再度伝わる中、北朝鮮は内部循環経済政策の失敗を認めた。ファーウェイは新製品の開発を停止。

tianliang9

【政論天下】米制裁 ファーウェイの運命は

アメリカによる半導体チップ供給停止でファーウェイは危機に陥るだろう。米中戦争の勝敗は本当に未定だろうか?民主党正副大統領候補の資質は?左派メディアのトランプ批判はバイデンの150倍、これはもはや選挙活動。

tianliang8

【政論天下】香港人の気概|在中米公館 ロゴ変更 米台国交樹立への布石か?

アップルデイリー創業者・黎智英氏の逮捕を受けて香港市民がとった感動的な行動から、彼らの自由を守ろうとする気概が見て取れる。在中国米公館のロゴ変更、対台湾法案の可決から、米国の米台国交樹立の本気度がわかる。

tianliang7

【政論天下】米台が急接近 国交樹立なるか?|ネット浄化で中共切り離しへ

米国は林鄭月娥香港行政長官等の制裁者リストを発表した。一方で、米台国交樹立の可能性は南シナ海での米中開戦より高くなったと思われる。米国はTikTokとWeChatの使用を禁止し、情報面での中共切り離しを加速させた。

tianliang6

【政論天下】クーデターで脱共産党なるか?中共は米中決戦の度胸なし

米国が繰り出す対中政策で、反習近平クーデターが起きるかもしれないが、共産党のない中国は生まれるか?金と権力に目が眩んだ中共リーダーには南シナ海で米国と戦う度胸はない。

© 2020 和ノ心 希望之聲(日本語)