現代中国を読む

私たちは未来に伝える

私たちは未来に伝える 第七回

気功ブームの中、彗星のごとく現れた中国伝統の修煉法・法輪功。心の修養を重んじ、善をなすよう教え導くこの功法は瞬く間に1億の人々の心をつかんだが、共産党政権下の中国では残酷な迫害を受け、長い苦難の道を歩むことになる。しかし、彼らは弾圧や誹謗中傷に屈することなく、善の心で世の人々に真実を伝え続けている。当事者へのインタビューと貴重な歴史映像で、彼らの輝かしい歩みを未来に伝える。

私たちは未来に伝える

私たちは未来に伝える 第六回

気功ブームの中、彗星のごとく現れた中国伝統の修煉法・法輪功。心の修養を重んじ、善をなすよう教え導くこの功法は瞬く間に1億の人々の心をつかんだが、共産党政権下の中国では残酷な迫害を受け、長い苦難の道を歩むことになる。しかし、彼らは弾圧や誹謗中傷に屈することなく、善の心で世の人々に真実を伝え続けている。当事者へのインタビューと貴重な歴史映像で、彼らの輝かしい歩みを未来に伝える。

私たちは未来に伝える

私たちは未来に伝える 第五回

気功ブームの中、彗星のごとく現れた中国伝統の修煉法・法輪功。心の修養を重んじ、善をなすよう教え導くこの功法は瞬く間に1億の人々の心をつかんだが、共産党政権下の中国では残酷な迫害を受け、長い苦難の道を歩むことになる。しかし、彼らは弾圧や誹謗中傷に屈することなく、善の心で世の人々に真実を伝え続けている。当事者へのインタビューと貴重な歴史映像で、彼らの輝かしい歩みを未来に伝える。

中国伝統文化

souren

誠実で約束を固く守る宋濂

 宋濂(1310年~1381年)は明代初めの文学者で、学士の官職に就きました。彼は儒家の教えを受け継ぐことを自らの信念として貫き、文章の作風を道徳の内包と一致するように提唱していました。彼は幼い時から約束を守り、勉学に励み、「幼い頃から老いるまで、一日たりとも書物を読まない日はなく、学問においては通じない分野はない」と述べています。

filial devotion

孝心が天地の心を打ち 泣いて筍が生える

三国時代呉の国の孟宗は子供の時からよく母に親孝行をしていました。ある年の冬、孟母は病気になって、何日間も食欲がありませんでした。看病していた孟宗は心配して尋ねました。「お母さん、食べたいものがあれば、言って下さい。私が作りますから。」孟母は弱々しい声で言いました。「前に後山の筍を食べたことがあります。本当に美味しかったわ。」これを聞いた孟宗は困りました。

litairyo

諫言憚らず、報恩忘れず

唐代の貞観(ていかん)年間、李大亮は凉州の都督(古代の軍事長官)の官職に就いていたことがある。朝廷から来た使者は彼が飼っているすばらしい鷹を見て、太宗皇帝に献上するよう進言した。彼は皇帝に密かに上奏した。「陛下は狩猟を断たれて久しいのに、使者が鷹を献上するよう求めました。これが陛下の真意であるならば、陛下はご自身の本意に背くことになります。もし使者の考えであるならば、人選が適切でなかったことになります。」太宗皇帝はそれを読むと、「このような臣下がいる限り、余に何の心配があろうか?」と呟いた。

現代サロン

孙思邈-横-

養生の極意 千年前の名医・孫思邈が残した医薬要らずの健康長寿法

孫思邈は中国及び世界の歴史上著名な医学者、薬学者であり、薬王と呼ばれた。宋朝に「妙応真人」と封じられ、道教では「天医妙応広援善済真君」として崇められ、多くの華人に医薬の神として尊敬されている。孫思邈の著書『備急千金要方』には、養性について論じる一節がある。

小豆とハトムギ粥1

小豆とハトムギ粥

女性の体は常に除湿を考えなければなりません。春にこのお粥を食べれば、脾腎を補って水湿を除去することができます。さらに、このお粥は精神を安定させる効果もあります。わが家の嫁は最近顔に赤い斑点ができていたので、一日おきにこのお粥を食べるようになってから、かゆみがなくなり、血色も良くなり、朝までぐっすり眠れるようになりました。しかも、小豆は食物繊維を多く含んでおり、便秘、高血圧、高脂血症、糖尿、腫瘍、結石、肥満などにも治療補助の効果があります。

水餃子

水餃子の作り方

中華料理の代表といえば餃子。 日本では焼き餃子が主流ですが、 中国では水餃子をおかずとしてではなく、 主食として食べます。 水餃子の作り方は家庭によってそれぞれ異なります。 今回は、山口家の水餃子レシピを教えていただきました。 皮から全て手作りです。 皆さんも水餃子作ってみませんか?

学ぶ

桃太郎

【日本昔話】桃太郎

むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
おじいさんは山へしばかりに、おばあさんは川へせんたくに行きました。
おばあさんが川でせんたくをしていると、ドンブラコ、ドンブラコと、大きな桃が流れてきました。
「おや、これは良いおみやげになるわ」
おばあさんは大きな桃をひろいあげて、家に持ち帰りました。
そして、おじいさんとおばあさんが桃を食べようと桃を切ってみると、

豆知識

丈夫

学生時代の友人に「○○大丈夫」というのがいて、「○○ますらお」と読みます。知り合った当初からずっと、「だいじょうぶ」がなぜ「ますらお」なのか、不思議でなりませんでした。
中国の周の制度では、男子は背丈が一丈に達してはじめて成人と認められたことから、

豆知識

元気

毎朝ジョギングを欠かさない近所のお年寄りに「お元気ですね」と声をかけ、しょんぼりしている友人を「元気出せよ」と励まします。普段何気なく使っているこのことば、よくよく考えてみると何とも不思議なことばです。「元気」には大きく分けて二つの意味があります。

© 2021 和ノ心 希望之聲(日本語)