現代中国を読む

tianliang20

【政論天下】不正選挙に国民は声を上げるべき。民主主義の落とし穴とは?

バイデンが勝利宣言をしたが、国民は今こそ不正選挙に声を上げるべきである。民主主義の最大の落とし穴はいわゆる民主主義自身であり、今回の郵便投票である。

tianliang19

【政論天下】大統領選後、内戦勃発か?ウォール街と大手IT企業はなぜバイデンを支持するのか?

大統領選でもし民主党政権になれば、治安が悪化し5年以内に内戦が起きるかもしれない。ウォール街と大手IT企業がバイデンを支持するのは、アメリカの国益のためではなく、世界をコントロールする秩序を確立するためである。

zhesixinyu2

【哲思心語】左派の「教育」を止めねばアメリカの未来はない|字幕版

中国生まれ。2000年に米国留学、2007年電子工学博士の学位取得。現在、ニューヨーク飛天大学教授。これまで、歴史、文化、時事評論に関する文章を多数発表。2011年から新唐人テレビとの協力で、大型歴史番組『笑談風雲』を制作中。完成すれば、二十四史の主要事件と人物を網羅した映像版中国通史となる。

中国伝統文化

souren

誠実で約束を固く守る宋濂

 宋濂(1310年~1381年)は明代初めの文学者で、学士の官職に就きました。彼は儒家の教えを受け継ぐことを自らの信念として貫き、文章の作風を道徳の内包と一致するように提唱していました。彼は幼い時から約束を守り、勉学に励み、「幼い頃から老いるまで、一日たりとも書物を読まない日はなく、学問においては通じない分野はない」と述べています。

filial devotion

孝心が天地の心を打ち 泣いて筍が生える

三国時代呉の国の孟宗は子供の時からよく母に親孝行をしていました。ある年の冬、孟母は病気になって、何日間も食欲がありませんでした。看病していた孟宗は心配して尋ねました。「お母さん、食べたいものがあれば、言って下さい。私が作りますから。」孟母は弱々しい声で言いました。「前に後山の筍を食べたことがあります。本当に美味しかったわ。」これを聞いた孟宗は困りました。

litairyo

諫言憚らず、報恩忘れず

唐代の貞観(ていかん)年間、李大亮は凉州の都督(古代の軍事長官)の官職に就いていたことがある。朝廷から来た使者は彼が飼っているすばらしい鷹を見て、太宗皇帝に献上するよう進言した。彼は皇帝に密かに上奏した。「陛下は狩猟を断たれて久しいのに、使者が鷹を献上するよう求めました。これが陛下の真意であるならば、陛下はご自身の本意に背くことになります。もし使者の考えであるならば、人選が適切でなかったことになります。」太宗皇帝はそれを読むと、「このような臣下がいる限り、余に何の心配があろうか?」と呟いた。

学ぶ

桃太郎

【日本昔話】桃太郎

むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
おじいさんは山へしばかりに、おばあさんは川へせんたくに行きました。
おばあさんが川でせんたくをしていると、ドンブラコ、ドンブラコと、大きな桃が流れてきました。
「おや、これは良いおみやげになるわ」
おばあさんは大きな桃をひろいあげて、家に持ち帰りました。
そして、おじいさんとおばあさんが桃を食べようと桃を切ってみると、

豆知識

丈夫

学生時代の友人に「○○大丈夫」というのがいて、「○○ますらお」と読みます。知り合った当初からずっと、「だいじょうぶ」がなぜ「ますらお」なのか、不思議でなりませんでした。
中国の周の制度では、男子は背丈が一丈に達してはじめて成人と認められたことから、

豆知識

元気

毎朝ジョギングを欠かさない近所のお年寄りに「お元気ですね」と声をかけ、しょんぼりしている友人を「元気出せよ」と励まします。普段何気なく使っているこのことば、よくよく考えてみると何とも不思議なことばです。「元気」には大きく分けて二つの意味があります。

© 2021 和ノ心 希望之聲(日本語)