中国故事に学ぶ人の道

西瓜畑に灌水

西瓜

 《これは楚国と梁国の国境に位置する、2つの県の物語である。》

 春秋時代に宋就(そうしゅう)という梁国のある県の長官がいた。当時、両国間の出入りは禁じられていた。そこで、それぞれに見張り所を設置し、境界線を挟み、互いにスイカ畑を作った。

 梁国の兵士は熱心で肥料や水をしっかり与えた。すると大きなスイカがたくさん実った。一方、楚国の兵士は怠け、肥料も水も与えず、その結果スイカは小さくあまり実らなかった。

 それを知った楚県の長官はカンカンに怒り、見張り所の長を呼びつけ怒鳴り付けた。納得のいかなかった見張り所の長は、立派に育った梁国のスイカが悪いのだと考え、ある月の出ていない夜にこっそりと境界を越え、梁国のスイカ畑をめちゃくちゃにしてしまう。

 スイカ畑が荒らされたことを知った梁国の兵士は仕返しに楚国の畑を荒そうとした。しかしそれを知った梁国の見張り所の長は、このまま放っておくと両国の関係を壊しかねないと思い、県の長官である宋就を尋ねた。報告を受けた宋就は冷静に

「楚国は間違っている。しかし、もし私たちがやり返せばトラブルを起こしかねない。楚国と良い関係を保つためにも、私たちは恨みに対して徳をもって接するべきだ。これからは毎晩楚国に数人を送り込み、彼らの畑に肥料や水を与えてやりなさい。しかし誰にも知られないようにしなさい。」
と指示した。

 こうして月日がたち、楚国の畑にも大きなスイカが実った。楚国の兵たちはとても不思議に思い、後になって梁国の人が世話をしてくれていたことに気付く。

 楚県の長官はこのうわさを耳にすると、すぐ楚王に上奏した。楚王は宋就のやり方にとても感動した。自国の兵士のやることなすことを恥ずかしく思い、手厚い贈り物を用意し梁国へ謝罪しに行った。それ以来、両国はとても仲良くなったのである。

 その後、人々はこの物語を恨みに対して徳をもって接するとして示すようになった。

 

ー明彗日本語版から翻訳編集

 

-中国故事に学ぶ人の道
-, ,

© 2020 和ノ心 希望之聲(日本語)